離乳食

【重要】離乳食を始めるのに必要なもの9選

こんにちはMOMOです。

 

離乳食これから始まるけど何を準備したらいいの?

どの時期にどんな物を作るの?

手間がかかりそう。。。

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・【これだけ】離乳食を始めるのに必要なもの9選【時短】

・【丸わかり】離乳食の進め方

 

 

この記事を書いている私は、子どもが生後5ヶ月から離乳食を始め、思った以上に必要ないものを購入してしまいました。

 

これから離乳食を始めるみなさんには本当に使いやすいものだけを購入して、楽しく離乳食を作ってもらえるように紹介していきます。

 

【これだけ】離乳食を始めるのに必要なもの9選

  1. リッチェル  Richell 炊飯器用おかゆクッカーE

最初は10倍がゆから始めるので、一番最初に必要なものになります。

レンジですぐできるので、大人のご飯を炊いたものから作る事ができます。

 

 

2. リッチェル わけわけフリージング ブロックトレー

初めは食べられる量が少量なので、多めに作って冷凍するために必要です。 15ml,25ml,50mlとサイズがあるので食べる量が増えるにつれて大きいサイズを購入すれば良いです。もっと安いトレーもありましたが、リッチェルが一番丈夫で長持ちしました。

 

 

3. リッチェル トライシリーズ ND離乳食スタートセット スプーン付き

10倍がゆからスタートしますが、どんどん食材が増えていくのでお皿も必要になりますが、これがあれば当分使えます。温め過ぎで熱くなりすぎても保冷剤がついているのですぐ冷やすこともでき、スプーンもついています。

 

 

4. ベビービョルンソフトスタイ

ご飯を食べる時にこぼしたりするので必要です。首回りのサイズ調整できるので1歳すぎても使えますし、洗ってもすぐ乾きます。

 

 

5. Combi お肉も切れるフードカッター

ハサミタイプのカッターも購入しましたが、こちらの方が切れ味が良く食べらせる際にもたつきませんでした。

 

 

6. ブラウン マルチクイック  ハンドブレンダー

離乳食初期は、ごっくん期と言われ赤ちゃんが飲み込みやすいようにペースト状にするのでブレンダーだと一瞬でできます。かなり時短になりました!離乳食だけ出なく、大人の料理にももちろん使えるので私は離乳食を期に購入しました。調理セットを購入すれば、ブレンダーなくても離乳食を乗り切ることはできます。

 

 

7. コンビ ベビーレーベル  調理セット

ごっくん期が終われば、もぐもぐ期になります。少し形を残したりするので、食材によって使いわけます。家にある調理器具でも代用できますが、やはり専用のものがあれば時短で使いやすいです。

 

 

8. ハイテーブル ベビービョルン ハイチェア(ハーネス付)

ローテーブル 大和屋 すくすくローチェア

離乳食が始まった頃は、まだ腰が座ってないためお父さんお母さんのお膝に座らせて食べらせる事が多いですが、自分でお座りできるようになると椅子は必要です。足がきちんと床につく!これが食べる上で重要です。離乳食をなかなか食べないお子さんは足が地面についているか確認を。

 


9. リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ

ストローの練習をするのに、これを使うとすぐストローが使えるようになったと口コミで大人気の商品です。慣れるまでは押してあげるとストローから出てくるので、吸うという感覚を覚えやすいです。


 

 


【丸わかり】離乳食の進め方

子どもの発達スピードには個人差があるため、以下の点を目安に判断してみてください。

・首が座っている
・支えてあげると座ることができる
・大人が食べるものに興味を示している

よだれを垂らしていたら興味深々な証拠です!

 

  • 5、6カ月 ゴックン期/初期/飲み込む練習

最初の1週間はおかゆ。それから野菜などを試します。

ゴックンしやすいトロトロ状に。

固さの目安 なめらかにすりつぶす ヨーグルトくらい

 

  • 7、8カ月 モグモグ期/中期/つぶす練習

飲み込めるようになったら、次は口の中で食べ物を「つぶす」練習です。

食べられる食材も増えていきます。

午前と午後の1日2食に

この時期は鶏肉や鮭なども食べられるようになるので、いろいろな味を体験させてあげましょう。まだ母乳やミルクから栄養をとっているため、離乳食のあとには授乳もたっぷりとします。

固さの目安 舌でつぶせる 豆腐くらい

 

  • 9~11カ月 カミカミ期/後期

やわらかい小さなかたまりが舌でつぶせるようになったら、

少しずつに形のあるものにトライ。

手づかみ食べをしたがる子も出てきます。

朝・昼・夕の1日3回食に

授乳タイムの午前、午後、夕方に離乳食を組み込んでいきます。

栄養バランスも意識していきたい時期です。

固さの目安 歯ぐきでつぶせる バナナくらい

 

  • 12~18カ月 パクパク期/完了期

おとなの食事に近づく12~18カ月「パクパク期」「完了期」

味、かたさを調整すれば、いろいろなものが食べられるようになります。

手づかみ食べやスプーンを使うなど「自分で食べる」ことを学んでいきます。

3回食+1日1~2回の捕食も

おとなと同じ時間に食卓を囲むことができるようになります。

まだ食べられる量が少ないので、1日1~2回パンや果物などのおやつをあげて

エネルギーや栄養を補います。

固さの目安 歯ぐきで噛める 肉団子くらい

おとなの食事に近づく12~18カ月「パクパク期」「完了期」

味、かたさを調整すれば、いろいろなものが食べられるように。手づかみ食べやスプーンを使うなど「自分で食べる」手助けをしていく時期に入ります。

3回食+1日1~2回のおやつも

おとなと同じ時間に食卓を囲むことができるようになります。

まだ食べられる量が少ないので、1日1~2回おやつをあげてエネルギーや栄養を補います。

 

離乳完了のめやす

形のある食べ物をかんでつぶせるようになって、一日のエネルギーや栄養素のほとんどを

食事から摂れるようになったら、離乳が完了したといえます。

ただ、咀嚼力はまだ弱いので、かたさや大きさは赤ちゃんに合わせて調整しましょう。

おとなとほぼ同じ調理法で同じかたさのものが食べられるようになるのは、まだ先です。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんはミルクだけを飲んで過ごしますが、

5ヶ月するともう食べ物を食べられるようになるなんて成長に驚きですね。

一年も経てば大人と同じような物が食べられるようになります。

食事が楽しいという時間になりますように。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-離乳食

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.