おむつ

必読!これを読めば簡単に布おむつと紙おむつのメリット・デメリットがわかります

こんにちは、MOMOです。

 

布おむつは紙おむつに比べて手間がかかりそうだけど、実際どうなの?それぞれのメリットデメリットは?

使い方を知りたい!コスパはどう?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 布おむつのメリット、デメリット
  • 紙おむつのメリット、デメリット
  • 布おむつの使い方
  • 布おむつは紙おむつと比べてどのくらい経済的か

生後7ヶ月から布おむつを取り入れた私が、解説していきます。

 

布おむつメリット

  1. 紙おむつを使用している赤ちゃんに比べおむつ外れが早い
  2. 紙おむつに比べ取り替え回数が高いため、赤ちゃんとのスキンシップが多い
  3. 肌に優しい
  4. 赤ちゃんが気持ち良い
  5. 環境に優しい
  6. デザインがおしゃれ
  7. おむつを買い物に行く手間が省ける
  8. おむつをスペースが必要ない
  9. 排泄に寄り添う事ができる

布おむつデメリット

  1. 取り替え頻度が高いので洗うのが大変
  2. 紙おむつよりかさばり外出時は荷物が増える
  3. 初期費用がかかる

紙おむつメリット

  1. 後始末が捨てるだけなので楽
  2. 赤ちゃんが不快に感じて泣く事が少ない
  3. 外出時に荷物がかさばらない

紙おむつデメリット

  1. 肌に負担がかかる
  2. 布おむつより費用がかかる
  3. ゴミが増える
  4. 匂いがある

布おむつの使い方

おしっこの場合:予洗いしてから洗濯する

うんちの場合:うんちはトイレに流してから、予洗いしてからバケツにつけ置きしておく

うんちが柔らかければ、ティッシュで拭き取り予洗いする

予洗い後の布おむつやカバーはバケツに入れておきがある程度溜まったら、

洗濯機で洗う。バケツにはミョウバンスプレーをしておくと、殺菌・消臭に効果的!

 

布おむつは紙おむつと比べてどのくらい経済的か

紙おむつはメーカーや大きさにもよりますが、1枚約20円です。

年齢によって1日の使用枚数が変わってくるものの、平均19枚として計算すると、

2年間で約13万円、3年間で約20万円ほどかかります。

布おむつの費用と比較すると、紙おむつの費用のほうが7倍ほど高くなる計算になります。

 

 

 

赤ちゃんはお母さんのお腹の中ではもちろん裸です。

お腹の中でおしっこもしているんです!

それが産まれてくると急におむつをつけられおむつの中でおしっこをしなさいと

教えられます。さらに2歳ごろになると、おむつを外しておしっこをするように言われます。

おむつをつけたり外したりして、混乱するそうです。

 

新生児の赤ちゃんがおむつを外した瞬間におしっこをしたりする事があるのですが、

これはお腹の中にいたときはおむつにしてなかったので、当たり前の現象なのです。

 

紙おむつをつけることに慣れてくるとその感覚がなくなってきます。

特に紙おむつは布おむつに比べ吸収率も高く、不快感が少ないので

なおさらおしっこが出ても気持ち悪い感覚もなくなります。

その点布おむつはやはりおしっこやうんちをすると自分の排泄に気づく事ができ、

おむつ外れが早いと言われてます。また、紙おむつは昔に比べ紙の質も良くなりましたが、

やはりおしっこやうんちをしたまま放置してしまうとかぶれのはかゆみの原因にもなります。

夏場は特におむつの中が蒸れるのでトラブルも起こりやすくなります。

 

実際私は、7ヶ月から布おむつと紙おむつの併用にしました。

お出かけや夜寝るときは紙おむつにし、日中家にいるときは布おむつにしました。

要するにそれぞれのいいとこ取りをしてみました。

 

布おむつは手間がかかるものという認識だったので考えてもいませんでしたが、

息子は生まれてからよく泣く子だったので、知り合いに相談した時に

もしかして排泄がうまくいってないのでは?? と言われました。

排泄がうまくいかず泣いているのか、布おむつにして様子をみてみたいと思い

これ以上泣かせたくない一心で布おむつを取り入れました。

 

紙おむつを嫌がっていた息子も布おむつなら嫌がらずにつけてくれました。

布おむつの手間も思ったより大変ではないし、もっと早くから布おむつを取り入れたら

よかったと思いました。

 

現在も使用している布おむつカバーがKuccaというメーカーのものです。

 

 

KUCCAのおむつカバーはテープタイプとパンツタイプがあり、

柄も様々な柄があり可愛いです。おむつカバーに布おむつを装着して使用します。

成形おむつはオーガニック100%で肌にも優しいです。

パンツタイプのカバーならトイレトレーニングも視野に入れて作られているデザインなので、

立ったまま交換することもできます。

うんちの時も落としやすいのでおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-おむつ

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.