未分類

授乳の難しさ

こんにちは、MOMOです。今日は育児の大変なことの一つである授乳について話ます。

 先日、新生児の育児で大変なことの1つに授乳について少し話したのですが、授乳については赤ちゃんが生きるために一番大切なことなので、焦点を当ててお話します。

まず授乳には3つの方法があります。

1 完母

2 混合(母乳、ミルク)

3 完ミ(ミルクのみ)

どれも正しい授乳です。赤ちゃんを産めばみんな母乳が出るかと言えばそういうわけではありません。頑張って赤ちゃんと息を合わせても、なかなか母乳が出ない人もいるし、仕事復帰を早めに考えているワーママは母乳が出ていてもある程度たてばミルクにするママもいます。

考えは本当に人それぞれで、母乳でなくてもミルクでも授乳の時に赤ちゃんをしっかり抱っこして、赤ちゃんを想いながらミルクをあげれば愛情に違いはありません。昔は母乳の方が免疫力をつけられるから良いなどど言われていました。実際、母乳は免疫を作ることができます。しかし、ミルクには母乳に足りない栄養も含まれています。例えば生後半年経てば、一般的には離乳食が始まりますが、まだミルクもしくは母乳も一緒に飲みます。しかし、離乳食がきちんと進まないと母乳の子どもは鉄分不足に陥り貧血になることもあります。

 なぜか母乳育児が評価される傾向にありますが、ミルクでも全く引目に感じることはありません。夜中の授乳で母乳はすぐ赤ちゃんにあげることができますが、ミルクはお湯沸かして、ミルクを作って、冷まして手間がかかります。そんなに手間をかけて作っているのに評価されないなんておかしいですね。

どちらで知らせるにしろ自信を持って育児しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-未分類

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.