勉強ツール

子どもの苦手を克服!暗記が得意になる対策法とは

こんにちは、MOMOです。

 

  • 子どもにどうも暗記に苦手意識があり、成績がのびない
  • 小学生のうちに暗記を得意にしてあげたい

このような悩みをもっている親御さんに向けた内容です。

私は学習塾で10年ほど勤務しており、家庭教師も同時で行っていました。暗記が苦手なお子さんは本当に多かったですが、少し視点を帰るとみんな楽しく暗記することができていました。この方法で一気に暗記が得意分野に!

暗記科目の成績も+10 点以上のびた生徒さんが続出しました。 そんな悩める親御さんのために、私の経験を生かした子どもの暗記対策をお教えします。

 

  1. 暗記がなかなかできない!子どもの苦労
  2. 暗記が得意になる!子どもの苦手意識をとっぱらう対策法 3 つ

 

暗記がなかなかできない!子どもの苦労

子どもは子どもながらに必死に覚えようとして、教科書などを繰り返し読んでいますがなかなか覚えられないというのが一番相談に多い方法です。教科書を読んでいても眺めてしまうだけになってしまっていて頭に入ってないということが多々あります。そんな時には次におすすめする方法を試してみてください。

 

暗記が得意になる!子どもの苦手意識をとっぱらう対策法 3 つ

➀暗記をゲーム感覚で楽しんでもらう 

暗記対策には単語カードを使いましょう!!

単語カードを使いこなすと劇的にどの教科の点数もUPします。そのためには単語カードを小さいうちから使いこなしましょう。それも勉強として単語カードを使うのではなく、ゲーム感覚で行いましょう。

人間興味のないことはなかなか覚えられないものです。大人もそうだと思いますが、もちろん子どもも同じです。一つや二つならまだしも小学校になるといろいろな教科で、たくさんの量の暗記が出てきます。興味がないのに、膨大な数の暗記をできる方がすごいです。

小学校に上がると小学一年生で足し算や引き算の単語カードがあります。二年生で九九のカードがあります。一年生や二年生は親御さんが一緒にみてあげると思うので、ぜひお勉強としてではなくゲームとして楽しくカードで覚えましょう。

小学校高学年になり、中学受験をする場合は、時間が限られているので隙間の時間などに単語カードを覚えられることもとても良いと思います。

ここで重要なのは、単語カードを購入ではなく自分で作るお子さんもいるかと思います。時間の余裕がある場合が良いのですが、カードを作るということで満足してしまい暗記まで間に合わないと本末転倒です。今は各教科細かくカードになった物が販売されているので、そちらを購入し繰り返し学習する方が効率は良いです。コストはかかりますが購入することも時間を購入するという意味でありだと思います。

 

②マーカーで覚える場所を隠す

覚える場所を赤マーカーで引き、その上に赤い下敷きを敷いて暗記する方法もあります。学校でノートをとった物をそのまま使えるので覚えるところにマーカーを引くだけなので特に時間のロスはありません。

 

③暗記した内容を親に説明してもらう

親が質問をしてあげて子どもに答えてもらう方法です。きちんと理解してないと人に説明することはできません。理解度を確認するには一番良い方法ですし、親子のコミュニケーションを取ることができます。クイズ形式ですれば、親子で楽しくできるでしょう。

以上、3つの方法をお伝えしましたがこれらの方法を組み合わせても良いですし、教科ごとで変えてみても良いですね。苦手科目、得意科目によって使い分けるとなお良いでしょう。暗記が苦手な方はぜひ試してみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-勉強ツール

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.