幼児教育

くもんのこどもえんぴつがファースト鉛筆に人気

こんにちはMOMOです。

「子どもが1歳過ぎてきたし鉛筆をもたしてお絵かきをさせてみようと思うけどおすすめの鉛筆はあるのかな?家にあるえんぴつもたせたけど持ちにくそうで、色も薄いなぁ。そもそも小さい子ども向けの鉛筆ってあるの?」
こんな疑問に答えます。

 

1歳過ぎてくると歩けるようになり、ズリバイ、はいはいの時よりも行動範囲が広がります。その反面、じっとして作業することもすこしずつできるようになります。ペンや鉛筆にも興味を持ち、ノートに線がひけることがわかると自分の動かしたものが反映されたことがわかりたくさん書きたくなります。

最初の鉛筆選びはとても重要です。なぜなら、鉛筆やくれよんは間違った持ち方を最初にしてしまうと、後から正しい持ち方に直すことが大変です。お箸でも同じことが言えます。大人でも間違った持ち方をしている人がいますよね?そういう人をみると気になりませんか?大人になっても持ち方を直すことは大変ですよね。こどもの時からのくせはなかなか直りません。

 

 本記事の内容
  • おすすめの子ども鉛筆は?
  • くもんのこどもえんぴつとは?
  • 芯の濃さはどのくらいのものを選ぶの?
  • 関連おすすめグッズ
  • えんぴつを持ったらまず何から練習すればいい?

ズバリ!!えんぴつデビューにはくもん出版から販売されているくもんのこどもえんぴつです。

子どもが持ちやすいのは短めの鉛筆でバランスがよいものです。親指、人差し指、中指の三点で持ちます。子どもはまだ手は小さいので、普通の鉛筆では長すぎますし、三点で持つのは至難の技です。そこでおすすめがくもん出版からでている『くもんのこどもえんぴつ』です。こちらは小さい子どもの手でも太めの鉛筆なので3点で支えやすく、バランスのとりやすい設計になっており、長さも短いものになっています。三角のえんぴつは各社から出版されておりますが、太さやバランスが違いくもんのこどもえんぴつが一番人気です。

私自身年の離れた妹がおり、妹は小さい時から公文式に通っていたのですがこの子ども鉛筆を持ちきちんとした持ち方で持つことができていました。

 

くもんのこどもえんぴつとは?

芯の硬さは6B・4B・2Bの3種類あります。

初めてえんぴつをもつ小さい子には6Bを選びましょう。

芯が柔らかくて太くて濃い線が簡単に書くことができます。

鉛筆の長さ12cm。

 

くもんこどもえんぴつ6B


 

4Bは、文字や数字を書く練習を始める時期におすすめ。

あくまでも目安ですが、対象年齢は3〜5歳です。

鉛筆の長さ15cm。

くもんこどもえんぴつ4B


 

小学校入学前になる2Bがオススメです。入学準備でも2Bのえんぴつをみなさん準備して小学校に持って行きます。

鉛筆の長さ17cm。

くもんこどもえんぴつ2B


おすすめ関連グッズ

こどもえんぴつけずり

形も特殊なので、普通のえんぴつ削りでしようできません。ですので、専用のえんぴつけずりが必要になります。

色は2赤と青の2種類があります。

削り穴が2つありくもんのこどもえんぴつはもちろん削れますが、普通のえんぴつも削ることができますので長く使えてコスパは良いです。



 

三角えんぴつホルダー

6B・4Bのえんぴつは2Bのえんぴつに比べて、弱い筆圧で書くことができますし、長さが短いこともあり短くなるのが早いです。そんな時にこちらのホルダーがあれば短くなっても最後まで大切にえんぴつを使うことができます。


 

こどもえんぴつもちかたサポーター

うさきや車のこどもが喜ぶ形のサポーターでそのままえんぴつを差し込むだけで使うことができます。これがあれば、お母さんが毎回もち方を教えてあげなくてもお子さん一人で正しいもち方でえんぴつを持つことができます。


 

こどもいろえんぴつ

長さは12cmで青、黄、赤、緑、茶、オレンジの6色になります。

また、さんかくえんぴつとおなじ形のいろえんぴつも出ており、いろんな色でお絵かきをするのであればおすすめです。さんかくえんぴつ同様小さいこにも持ちやすい設計のものです。


 

三角えんぴつキャップ

通常のえんぴつキャップは入らないので、専用のキャップがあります。まだそんなに尖ったものを使うことはないと思いますが、あると便利ですね。


初めてえんぴつをもったらまずやること

実際にお母さんが線書きをする様子をみせてあげる。小さい子どもはお母さんのまねが大好きなのですぐ線引きできるようになります。

例えば上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいる子どもはお絵かきが上手です。それは上の兄弟がお絵かきする様子をいつも見てるのですぐに真似をして習得します。

まずは線書きからスタート。上から下に向かって一本の線を書きます。上から下、下から上が慣れてきたら、左から右、右から左と練習しましょう。

線書きが慣れてきたら、次は点々をかきましょう。すいかの種を書くイメージですね。

えんぴつで書くことが楽しくなってきたらどこにでもお絵かきしてしまいたくなるので、そんな時は壁におおきな画用紙を貼って思いっきり自由に書かせてあげてください。

自由に書かせてあげることで子どもの想像力も高まります。

 

くもんのこどもえんぴつバラエティーセット

※まとめて購入するのであればセット販売が単品購入よりお得です。

こどもえんぴつ6B、こどもえんぴつ4B、こどもえんぴつ2B、こどもいろえんぴつ、こどもえんぴつけずり()、こどもえんぴつホルダー、三角えんぴつキャップ:1 


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-幼児教育

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.