ママライフ

DMM英会話に再入会した結果

 

本記事のテーマ

DMM英会話に再入会はコスパ的にどう?

 

記事の信頼性

海外旅行が大好きで英語を海外でしゃべることができたら、もっと旅行が楽しくなるだろうなと思い毎日少しでも英語を話たくて

DMM英会話に入会しました。

子どもが生まれ一度退会しましたが、今回再度入会し英語の勉強を始めました。

現時点で2500分のレッスンを受けた私が紹介します。

 

読者さんへの前置きメッセージ

ママでも新しいことにチャレンジしていいんだ!

勉強できるんだという前向な気持ちになることができています。

 

それではさっそくみていきましょう。

DMM英会話は2020年9月より大幅な変更点があり、以前よりますますレッスンがやりやすくなっています。

大きな変更点は下記になります。

 

DMM英会話変更点

Skypeを使ってのレッスンを廃止し、「Eikaiwa Live」という独自のツールシステムでのレッスンに変更。

オンライン英会話といえば、Skypeというビデオチャットアプリを利用して受講するのが一般的です。

Skypeはインターネット回線によって、「相手の声が聞こえづらい」「映像が乱れる」等のトラブルが起きやすかったです。

 

ですが現在、DMM英会話では「Eikaiwa Live」という独自のツールを使うことでスカイプなしで受講できるようになっています。

ブラウザのみでレッスンが受けられるようになったことで、このようなトラブルが減りました。

 

 

「Eikaiwa Live」とは?

ビデオ通話から教材閲覧、チャットやノートまで、レッスンに必要な機能全てが一画面で完結します。

今までは、講師とのトークはSkype、教材はブラウザ(Google ChromeやSafari等)を使っていたため、それぞれを行ったり来たりしていました。

「Eikaiwa Live」を使うことですべての同時動作が可能になりました。

講師の操作している画面が生徒側で見ることができ、講師が教材にマーカーを引いたりすることが可能になり、授業自体がスムーズになりました。

 

 

DMM英会話デメリット

人気講師の予約が取りづらい

(お気に入り講師を数名決めておくと、解消できる)

前日レッスンを受けなかったからといって、翌日にレッスン時間を繰り越すことはできない

 

 

DMM英会話のメリット

教材が豊富

無料体験がある

24時間いつでもレッスンを受けることができる

事前に動画で講師をチェックできる

 

 

なぜDMMに再度入会したのか?

この春より2歳になる子どもがインターナショナルのプレスクールに通う可能性が出てきたからです!

プレスクールに通わせているママなどを見るとやはり、留学経験があり英語がぺらぺらで家でも英語で話しかけている方が多いですよね。

恥ずかしながら私は英語が話せません。

 

スクールの先生はご両親が英語が話せなくても問題ないとおっしゃてますが、話せるにこせたことはないですよね。

以前は貿易に関わる仕事はしており、英語は好きで海外旅行も好きなのですが、日常会話はできません。片言の英語です。

ですので、子どもを妊娠前はDMM英会話で毎日レッスンを受けていました。

子どもが生まれてからは退会してしまっていたので、勉強する時間を取ることができるか悩みましたがキャンペーンも行っていたため

思い切って入会しました。

 

再入会した結果

学ぶことは楽いし、自分が新しいことにチャレンジできているという新鮮さがありました。

また私が以前利用していたのは、約2年前なので色々と変更点がありました。

私がレッスンを受けた中で一番感じたのは、講師との相性です。

やはり人間なので、合う合わないはありますし、文化も違います。

まずは合う先生を見つけることが一番だと思います。

 

初月&3ヶ月目半額キャンペーン中なのも私が再度入会した決め手になりました。

初めての方には2回の無料体験がありますし、有料プランへの自動更新ではないので、ぜひ興味ある方はこの機会にどうでしょうか?

私も様々なオンライン英会話の体験授業に参加した結果、毎日25分参加できるDMM英会話に決めました。

お家時間が長くなった方も多いと思うので、オンラインで部屋着で参加できる英会話オススメです。もちろんお子さんの英会話にも対応しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マリトモ

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-ママライフ

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.