スイミング

育児ママさんにベビースイミング選び方を解説

子育てママ必見!子供の写真の素敵な管理方法!

この記事を書いている子供が実際にいるママのもものイラスト子育てママにはお勧めの記事記事になります。今まで家庭教師指導、学習塾アルバイト、正社員で働き教室長をしてき、多くの子供さんを見てきた経験を活かし、子供の教育のためにできること、おすすめしたいことを発信してます。 

子育てママさんへの前置きメッセージ

子育てをしているママさんへ、今日は赤ちゃんの習い事で首がすわってから始められるベビースイミングのスクールの選び方についてです。

こんなお悩みありませんか?

  • あの時の子供の写真が欲しいけど、どこにあるかわからない
  • 去年の保育園での写真はどこにしまったかな?
  • 以前にスマホのこのフォルダに写真を撮りだめてたが、行方不明!

そもそもベビースイミングを始められる時期は?

スイミングスクールにもよりますが、首がすわったらOKというスクールが多いですが、首がすわるのも個人差があります。具体的に何ケ月からOKと記載しているスクールもあるのでスクールごとで確認をしましょう。

ベビースイミングの選び方ポイント

1.通いやすさ

ベビースイミングの選び方ポイント 1.通いやすさ首がすわった赤ちゃんを連れて外出するだけでも大変ですが、プールとなると水着にタオルそれも赤ちゃんと自分の分に二人分の飲み物など荷物は多いので通いやすさは本当に大切です。

 

 

2.コーチの人柄

私自身スクールを選ぶ上でいろいろなスクールを体験しましたが、コーチの人柄はとても大切だと感じました。ベビーの場合、コーチ対子どもではなく、コーチ対子ども&ママ、パパなのですが、子どもに寄り添ってくれてママ、パパの立場にたって考えてくれるコーチだと安心して通わせることができると思います。

 

うちの子は最初は水を怖がっていて泣いたり、プールの中で落ち着くために指をしゃぶったりしていました。みんなのプログラムに参加するのも必死になっている時に、コーチから『赤ちゃんは知らないところに連れてこられて信頼できるのはママだけだから赤ちゃんの気持ちに寄り添ってあげて、無理にできないことはしないでいいですよ』と声をかけてくれ子どもの気持ちが大切だということに気づかされました。

 

 

3.スクールの清潔さ

赤ちゃんを裸になって着替えさせるのである程度の清潔さは必要かと思います。体験を受けたスクールの中で、採暖室があり子どもを着替えさせるのですがマットがカビだらけでびっくりしました。私的にはまだ寝たきりの子どもをそこにゴロンとさせるのに抵抗があったため却下しました。

 

 

実際通ってみて

子どもにとって、スイミングは全身運動と言われますし、肺も鍛えられるので大きくなってからもとても良いと思います。小さいうちは、保育園や幼稚園に通ってないと他のお子さんとの関わりも少なくなると思うのでスイミングで他の子をみて学んだりすることも勉強になるかと思います。はいはいや歩き始めるとそれなりに運動量も多くなるのですがそれまでは、運動させることも難しいと思うので、スイミングは役立つと思います。

親にとって、子どもと密に関われて貴重な時間だと思います。水の中では見せない顔を見せてくれたりします。パパに入ってもらうことができれば、子どもとの深い関わりももてますね。スクールによっては、両親ともにプールに入ることのできるとこもあるので要チェックです。ただ、スイミングの帰りは親は本当に疲れます。ワンオペのお風呂も大変ですが、プール上がりもまさに同じ感じで子どもを拭いて着替えさせてから親が着替えるのでバタバタです。ベビーのうちしか一緒にプールに入ることができないので、これもまた良い経験をさせてもらってると思ってます。ぜひ興味のある方は、ベビースイミングのまずは体験に行ってみてくだいね。

育児に関する他の記事はこちら

育休復帰で子供がいるママが助かる家電 育休復帰ママが助かる意外な家電 育休から復帰するママは、想像してみてください。仕事が終わってクタクタの中、子どもを迎えに行って帰宅してからの状況を。ご飯を作り、子どもをお風呂に入れ、自分もお風呂に入り、寝かしつけ、翌日の保育園の準備や自分の準備をこれらを帰宅後2〜3時間のうちに行わないといけません。帰宅してから時間との勝負で、分刻みのスケジュールになります。

記事の続きはこちら>>>

子供のお熱がでた時に常備しておくと焦らないグッズ 子供のお熱がでた時に常備しておくと焦らないグッズ ママとしては我が子がお熱で苦しんでいる時にできることなら変わってあげたいそう思いますよね。食欲もなく、機嫌が悪かったりママも心配はもちろん、長引くと看病もしんどくなることもあるかと思います。ママも気負いすぎず、お子さんが少しでも早く治るように環境を整えてあげましょう。この記事を読むことでこれらのグッズ準備しておけば子どものお熱が出たときも焦らず対応することができます。

記事の続きはこちら>>>

【必見】ママが育児に悩んだらすぐできること 【必見】ママが育児に悩んだらすぐできること 出産後、言葉の話せない、ずっと泣いている息子と日中二人きりでした。夫も帰りは遅く出張がちだったので人と全く話すことのない日々が続きました。出身は四国、住んでいるのは東京。周りに身内も昔からの友達もおらず全く相談できる人がいませんでした。息子は毎日よく泣き本当に辛い日々でした。そんな私が少しでも育児で悩んだ時に助けられた方法をお話しします。

記事の続きはこちら>>>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マリトモ

【教育専門家】オンライン家庭教師センター代表 元学習塾教室長時代に700名以上指導した経験を活かして幼児〜大学受験まで教育全般について有益情報をブログ、instagram、twitter、stand.fmで情報発信中。 小さなお子様のママ向けに、アルバムアートアドバイザー、手形アートアドバイザーとしても活躍中。

-スイミング

Copyright © momoblog , All Rights Reserved.